ジュンホーム

D’S STYLE

当たり前の家では満足できないあなたに。

建築家からのinvitation

ありきたりの家は嫌だ。私たちは建築家と建てたい。そう思っている人は多いと思う。”私”という個性が、”建築家”という個性に出会って、その時の、その場所から生まれるものー。そんな建築スタイルへの期待は高まっていると思う。

お仕着せの価値観では飽き足りない人たちのために、D’S STYLEのStyle@HOMEは、生み出された。建築家のspiritとdesignを凝縮させた、そのシンプルなカタチは、あなたという個性と融合した時、世界でひとつだけの、心地よい器となる。

間仕切りが無く、光と風がいきわたる空間は、家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、自在に変化させられる。自然素材と無垢の木は、年月が経つほどに美しさを増す。多くの人に美しい家に住んでもらいたいという願いから工程をレシピ化し、コストを劇的に抑えることにも成功した。

いま、自分スタイルを求めているあなたにー。

D’S STYLEが提案する新しい住まいのカタチを、どうぞ。

思い込みを捨てれば家ってこんなに面白い。

絵を描くのはあなた。

D'S STYLEの家―Style@HOME。そこには、間仕切りがほとんど設けられていない。子ども部屋、リビング・・という押し付けは、この家には、ない。なぜなら人間はもっと自由だから。

ばりばり仕事をしたい時もあればのんびりくつろいで音楽を聴いていたい時だってある。一人になりたい時もあれば家族のぬくもりを感じていたい時もある。自然体の自分でいるためには、空間だってのびやかで、ゆるやかな方がいい。自分たちに合わせて家がある。それがStyle@HOMEのコンセプト。

Styleというのはあなたのライフスタイルのこと。そこに、好きな言葉をあてはめてみてほしい。子育てが家族の中心である時期にはchild@home 受験が近づいてきたならstudy@home趣味が暮しの中心になったらatlier@home 自宅で仕事をするならoffice@home

変化するライフスタイルに合わせて、自由にそして安全に変化させることができる間取り。家に暮し方を決められるのではなく、自分たちが家を操作できる間取り。

感性が刺激されてこないだろうか?スタイルをつくるのは、"あなた自身"なのだ。

家をおしゃれに住みこなそう。そう、着こなしと同じように。

センス・センス・センス

"おしゃれ"と言われる人の、素敵の秘密がその着こなしにあるように、家にも住みこなし術がある。いちばんのポイントは、住む人の個性が家とうまく溶け合っていること。

そこが借り物では、どこかちぐはぐな感じを与えてしまう。何が自分らしいのか、自分はどんな暮らしをしたいのか。常に頭の中で描いていることは、とても大切なこと。あなたのその思いが、家をどんどん素敵な場所に成長させてゆく。

「この部屋、どういう雰囲気にしようかな」「このスペースをどんな風に使おうかな」考えれば考える程、家は生活とフィットし、あなたのスタイルを表現してくれるものになるだろう。

Style@HOMEは、デザイナーズハウスなどの名称で呼ばれているような、いわゆるハヤリモノとは、一線を画している。一時的な流行にとらわれず、普遍的かつ斬新なデザイン性をもち、住まい手のスタイルに合わせて、どのようにも創り上げることが可能な空間、それこそが、Style@HOME。

こなれたファッションが、こだわりと努力のたまものであるように、この家を住みこなすには、センスとエネルギーが必要なのだ。

「面白い!」と感じたあなたは、すでに、この家へのinvitation cardを手にしている。

自然素材×W断熱工法×ローコスト。

光・風・夢を内包した家。

Style@HOMEの生みの親である、建築家・岸本貴信が、「これだけはプロに任せた方がいい」と断言することがある。

それは、風と光の通り道。風と光をどこから取り入れてどこへ逃がすか。それは窓をたくさん、あるいは大きくとればいいというような単純なものではなく、プロの感性と計算に裏打ちされたもの。

Style@HOMEは、どのような土地に建てても光と風が十分に行き渡るように、計算され尽くした家。無垢の木と、自然素材にこだわった家。そして、外断熱と内断熱の両方を取り入れた、結露のない快適な家だ。

建築家が考え、本物の素材を使い、感性を心地よく刺激する家が、いま、あなたのすぐそばにある。

ありきたりの家では満足できないあなた。デザインも素材も工法も、すべてに優れた家に住みたいあなた―。

もうそろそろ、一歩を踏み出す時ではないだろうか?

D’S STYLE【特設HP】

特設HPでは、より詳しい『D’S STYLE』の内容をご覧頂くことができます。

詳しくは下記のリンクより公式サイトをご覧ください。