ジュンホーム

casa sole

「年中快適」を導くのは、世界基準の高い性能。

その昔、日本の家づくりでは「夏を旨とすべし」が大切な教訓でした。もちろん、いまでもこの言葉は遵守されるべきものです。

しかし、現代においては「太陽を旨とすべし」と言い換えてみてはどうでしょうか。さまざまな環境問題や社会情勢により、現代を生きるわたしたちは、 過去のようにエネルギーを大量消費しながら生活を営むことは、むずかしくなってきました。

できるだけエネルギーを使わず、願わくば生み出すことが、これからのライフスタイルに求められています。

こうした状況で、いま私たちが寄り添うべき相手のひとつは、「太陽」ではないでしょうか。そう、具体的には太陽光発電です。そして、断熱性能の高い家をしっかりつくれば、必要以上に冷暖房を使う必要もありません。

外の気温に左右されず、一年を通して「快適に過ごす」ことが可能です。エネルギーの消費を最小限に抑え、かつ必要な分は生み出すという、「次世代の家」をここに開発したのです。

「太陽の力を生かしきる」この信念が生み出した家

casa soleはデザインにおいても、エネルギーの消費を最小限に抑え、かつ年間を通して快適であるべき、というテーマが徹底的に貫かれています。

せっかくの"太陽の力"も、それを享受する側の家の性能が低ければ、十分に生かしきることはできません。太陽光発電にとって効率のよい屋根の傾斜角度、1.5倍の厚さで高い断熱性能を誇る壁、太い大黒柱をもち地震にビクともしない構造、これらのすべてにcasa soleの思想があらわれています。

また、どんな家であっても定期的なメンテナンスは必要です。このメンテナンスを最小限に抑え、その上で長く住み続けることができれば、環境に、そして住まう人の家計にどれだけ貢献できることでしょう。

黒い屋根と外壁は、強い耐久性を備える「ガルバリウム鋼板」。床は使いこむほどに味わいが増す無垢材を使用しています。

孫の、その孫の代までも200年受け継がれる家。その夢は、casa soleというかたちで現実になったのです。

仕様・設備

SE構法

地震に強く、自由度の高い家づくりを実現

安心と安全が住宅建築のかたちになりました。強度の高い集成材の接合部に、独自の金物を用いる構法は、在来の軸組工法と比較して、断面欠損の少ない強固な接合部を生み出します。接合部が強靭であることにより、柱と梁のみで揺るぎない強度の骨組みを生み出すことが出来ます。

柱と梁で建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、SE構法は接合部を強化した堅牢なラーメン構造。骨組み全体で建築を支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。柱や区画の壁が少ないために、光を取り入れる大きな開口部や窓、出入り口、そして広々とした吹き抜け空間が安全に実現できます。

東日本大震災において、SE構法で建てられた建築の地震による倒壊はゼロ。地震国日本を安全・安心に暮らしていくために、耐震構法・SE構法がおすすめです。

屋根・外壁

耐久性・耐摩耗性に優れたガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、鉄板を基材としてアルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ層を持つ溶融アルミニウム亜鉛合金メッキ鋼板の総称。通常の溶融亜鉛 メッキ鋼板(通称/トタン板)の3〜6倍の耐久性を持ち、住宅はもちろん、工場や店舗などの外装材としても使われています。「カーサシリーズ」の屋根や壁に採用されているのは、厚み0.4㎜のガルバリウム鋼板。その高い耐久性で、家を恒久的に守ります。

屋根や外壁は、家を守るだけではありません。建材自体の耐久性が高くないと、腐食や色あせなどの問題も生じてきます。

「カーサシリーズ」のガルバリウム鋼板には、さらに特殊な耐摩加工を施した鋼板を採用。ガラス塗膜を添加し、ホーロー製品のように耐食性・耐摩耗性に優れています。高い塗膜硬度で、汚れや色あせを抑制しています。最長15年の塗膜保証も付いています。

玄関ポーチ

美しさが持続するメンテナンスフリーの玄関タイル

タイルは耐水・耐火・耐候・耐久性の機能をもつ建材です。他の建材と比べるとメンテナンスの点で非常に有利で、劣化や退色、破損などによる補修や貼り替えまたは再塗装などのメンテナンスが長期間にわたり必要ありません。汚れもつきにくく、掃除も拭くだけで簡単。

日常のお手入れ次第で、いつまでも美しさが保てるメンテナンスフリーの建材です。

バルコニー

景観はそのままに、ゆったりした広いインナーバルコニー

casa soleの外観デザインを崩さないように、インナーバルコニーを採用。雨も入りにくく、外からも見えにくいので、安心して洗濯物を干すことができます。

ちょっとした、テーブルとイスが置けるスペースも十分にあるので、春や秋など外が気持ちいい日は、バルコニーで食事をするのもたのしいかもしれません。

casa sole【公式HP】

公式サイトでは、設備・仕様、各プラン、間取り、施行事例など、より詳しいcasa soleの内容をご覧頂くことができます。

詳しくは下記のリンクより公式サイトをご覧ください。