ジュンホーム

casa amare

日本人の魂に育まれた、伝統の美しさの中で暮らす。

日本の風土や文化は長い年月をかけて、美しく、機能性に富んだ「住まい」のかたちをつくり上げてきました。

いま、日本の家々はめまぐるしく姿を変え、多様化の道をたどっています。わたしたち日本人が心から愛することのできる家とはどんな家なのか。それを追求し、たどり着いた答えがcasa amareです。

改めて見直してみると、日本の家には時を経るごとに風合いを増す木の柱や床、光をやさしく取り込む明かり障子など、美しいものばかりがありました。そしてそれら「美しい」ものは、テクノロジーの進んだ現代においても十分に生かすことのできる実用性をもっています。

この伝統美と智恵ある技術に、現代の機能性を融合させる。それがわたしたち、いまを生きる日本人にとってもっとも心地よく、暮らしやすい家なのではないか。

「新しい日本の家」を確立するための長い努力は、casa amareとして、こうしてここに実ったのです。

営々と受け継がれてきた智恵と技術を、最大限に享受する

切妻の屋根は、日本の家のかたちの原型のひとつ。

日本人は古くから、三角の屋根の下で暮らしてきました。casa amareのシンボルは、美しい切妻屋根。この切妻には「大和比」と呼ばれる比率が存在しています。安定があり、もっとも美しく感じられる角度の比率です。

伊勢神宮を初めとする日本有数の建築や仏像などの彫刻にも使われている「大和比」が、家全体のバランスを司り、casa amareの端正な佇まいが生まれました。

もちろん伝統美を継承するだけではありません。

casa amareには、最先端のテクノロジーが随所に取り入れられています。屋根材には耐久性の高い「ガルバリウム鋼板」を採用。構造を支えるのは「ハラテック21」という金物で、耐震性と耐久性が保証されています。断熱・気密性能においても次世代の省エネ基準をクリアしています。

casa amareで暮らすということは、100年単位で、美しさと心地よさを受け継いでいくということなのです。

仕様・設備

工法

金物工法:強度と精度を高める構造

在来工法の美しさを保ちながらも、接合部分に金属金具を用いることで、更に強度を高めた工法です。

木材の削り取り部分を最小限に抑えながらしっかりと軸組みを固定することで、きわめて耐震性に優れた構造になります。

外壁

日本伝統の美しさを魅せる、焼杉板

昔から焼杉板(外壁用杉焼き板)は古来より日本家屋の外壁材として珍重されてきました。 杉板の表面をバーナーで炙って炭化させる事により杉板が腐食するのを緩和した非常に丈夫な外壁材です。

日本の気候風土から生まれた焼杉に、天然植物性塗料を丹念に塗りこむことで、独特の色合いをつくります。しっかりと入り込んだ塗装カラーと、黒く浮き出たつやのある木目との色彩、 そして手塗りで仕上げた味わいは他にはない一味違う焼杉です。

※22条地域等、建築地域によっては防火基準により仕様が変わります。

屋根

強くて軽い「ガルバリウム鋼板」で家を守る

屋根材に選んだのはガルバリウム鋼板。亜鉛鉄板の3〜6倍の強度非常に軽く、屋根に過重がかかるといった負担が少ないため、耐震性も向上します。葺き替えや塗り替えの必要のない素材で、ランニングコストも抑えられます。メーカーの10年保証もついており、特殊な磨耗加工を施しています。

限りなくメンテナンスフリーに近い素材ではありますが、10年経ってみて、傷みが激しかったらコーティングなどを施しましょう。

玄関ポーチ

独特の風合いを持つ、バーナー仕上げの御影石

玄関部分の床は、御影石をバーナーで焼いて仕上げたもの。石の表面を強い火で焼くことで、石の結晶群が変化し、独特の味わいを持つ肌合いに仕上がります。

厚さ30㎜以下の薄板では、不可能とされている仕上げ方法が、入り口の堅牢性と質感を高めます。

casa amare【公式HP】

公式サイトでは、設備・仕様、各プラン、間取り、施行事例など、より詳しいcasa amareの内容をご覧頂くことができます。

詳しくは下記のリンクより公式サイトをご覧ください。